賃貸の情報収集をする上で、情報を具体的にするのは良いことです。しかし、それがこだわりになるか、障害になるかは自分の交渉術次第です。上手に交渉して条件により合った部屋を見つ

賃貸物件探しに行こう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

交渉術を磨いてこだわりを貫く

引っ越しを考える人の理由はそれぞれ違います。
ある人は、進学に伴い、またある人は転勤ゆえに引っ越すかもしれません。
別の人は、今の家に不都合が生じて、もしくは好みが変わってという理由で引っ越しを考えるかもしれません。
前者と後者には違いがあります。
前者には、新居への特別な条件は少ないかもしれません。
しかし後者は、今の家に満足していないための引っ越しなので、新居への条件はより明確に、具体的になる場合があります。
賃貸の情報収集をしている段階で、条件が具体的であればあるほど、ピッタリの物件は見つけやすくなるはずです。
その反面、例えば条件5個のうち3個は満たしているけど、残りの2個が満たされてないということも生じます。
その物件自体はとても気に入ったけど、その2個満たされてないことが障害になりますか。
譲歩できる内容なら決めるのは簡単かもしれません。
こだわりが強ければ強いほど、難しくなります。
では、交渉してみることはできませんか。
何かを交換してもらえば済むような点ですか。
もしくは、金額の点が引っ掛かりますか。
交渉してみましょう。
その際、柔軟性を示しましょう。
もちろんこれから借りるのは自分ですが、あまり上から目線で交渉するなら、上手くいく話も上手くいかなくなってしまいます。
その物件を本当に気に入ったのだけど、あと少しの調整で、もっと納得した上での契約ができると強調してみましょう。
交渉には、こちらの熱意がどれほど相手に伝わるかが関係してきます。
上手に伝わるように工夫して、納得のいく部屋を探しましょう。

住まいや賃貸の情報はきちんと整理されているこのサイトで情報収集しましょう


Copyright (C)2017賃貸物件探しに行こう♪.All rights reserved.