仲介手数料はどんな時に発生するのでしょうか。必要にない物件もありますか。双方にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。自分に合った家探しのために知っておきましょう。

賃貸物件探しに行こう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲介手数料とは何か

新居を探すとき、もちろん気になるのは家賃ですよね。
後悔しないためにも、事前に賃貸の情報収集をするのは大切です。
物件の情報を見ていると、確かにまず目に飛び込んでくるのは、大きく書かれている一か月の家賃です。
しかし、ここで気を付けたいのは、その下に細かく書かれている初期費用や、更新時の支払い金額です。
敷金、礼金は家賃の何か月分ですか。
更新時に必要な費用はどれくらいですか。
仲介手数料は必要ですか。
これによって、入居時にかかる費用は変わってきます。
仲介手数料が必要かどうかは、あなたがどのような形態の賃貸契約をするかによって違います。
多くの場合、家主と借り手との間に、不動産業者が入り、部屋の紹介をしたり、契約が成立すれば、それに関わる手続きを請け負います。
つまり仲介してくれるわけです。
そうすると、仲介手数料と言うものが発生します。
入居した後は、例えば水回りの故障とか、電気関係の故障といった部屋に関するトラブルがあった場合、その仲介業者に連絡することになります。
比率としては少ないですが、家主が直接貸し出している物件もあります。
そのような物件に仲介手数料はかかりません。
家主と直接やり取りをするからです。
当然トラブルについては直接家主に連絡します。
家主との関係を上手く築けるなら、その距離感は強い味方になるでしょう。
もし、上手くいかなかった場合、安く借りられるメリットはありますが、その後のストレスが大きくなるかもしれません。
あなたはどちらを選びますか。

Copyright (C)2017賃貸物件探しに行こう♪.All rights reserved.